我々伊豆ブランドが具体的に取り組むSDGsの

目標とターゲット一覧

目標:2 (飢餓をゼロに)  

飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

ターゲット:2.4

2030年までに、生産性を向上させ、生産量を増やし、生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水及びその他の災害に対する適応能力を向上させ、漸進的に土地と土壌の質を改善させるような、持続可能な食料生産システムを確保し、強靭(レジリエント)な農業を実践する

目標:3 (すべての人に健康と福祉を)

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

ターゲット:3.9

2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる

目標:12 (つくる責任 つかう責任)

持続可能な消費生産形態を確保する

ターゲット:12.8

2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする

目標:13 (気候変動に具体的な対策を) 

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

ターゲット:13.3

気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する

目標:14 (海の豊かさを守ろう)

持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

ターゲット:14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する

目標:15 (陸の豊かさも守ろう)

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利 用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠 化 へ の 対 処 な ら び に 土 地 の 劣 化 の 阻 止・ 回復及び生物多様性の損失を阻止する

 

ターゲット:15.3

2030年までに、砂漠化に対処し、砂漠化、干ばつ及び洪水の影響を受けた土地などの劣化した土地と土壌を回復し、土地劣化に荷担しない世界の達成に尽力する

以上の6つの目標、6つのターゲットを明確に、ダイレクトに環境と隣り合わせである我々こそが、責任を持って現場の畑から取り組んでいくものである。

お問い合わせは

↓こちらまで↓

主な​活動拠点

静岡県函南町畑毛地域(拠点)

​伊豆半島全域

Copyright © 伊豆ブランド All Rights Reserved.

伊豆ブランド
-IZU BRAND-